泡が手に触れないように

このコラムをシェアする

腕まで覆い隠そう

手袋をする際は、腕まできちんと隠してください。
食器を洗っている時に、泡が跳ねることがあります。
手や手首は守っていても、腕を守っていないとそこが炎症を起こすかもしれません。
お肌が弱人は、手袋を用意するのが安全な方法です。
それなら好きな洗剤を使用できます。
低刺激用の洗剤では、油汚れなどを落とせなくて困っている人が見られます。

汚れを綺麗に落とすまで時間が掛かるので、抵抗を感じている人もいるでしょう。
手袋があれば肌に洗剤がつかないので、どんなに強力な成分が含まれていても大丈夫です。
また、低刺激の洗剤は良い香りがしないものが多いです。
やはり、フルーツやお花の良い香りがした方が良いでしょう。
自由に洗剤を選べるよう、手袋を使ってください。

素材を確認しよう

ゴム手袋もありますし、ビニールでできた手袋もあります。
どちらでも良いので、早く用意してください。
ゴム手袋は、何度も使い回せます。
使用した後は、キッチンの隅に置いておくと良いでしょう。
その時に、泡に触れないよう注意してください。
洗い物が終わった後は、ゴム手袋をしたまま手を洗うと良いですね。
するとゴム手袋についた洗剤を綺麗に落とせます。

ビニールからできた手袋は使い捨てです。
毎回綺麗な手袋を使用できますし、処理が楽という面がメリットです。
使い終わった手袋をずっと放置していたくない人は、こちらを使用すると良いでしょう。
素材によって、メリットが異なるのでよく比較してください。
自分に合うものを選択して、今後の食器洗いに役立ててください。